予防接種

ご注意

  • 初めての方の予防接種のWEB予約はできません。
    お電話ください。
  • 碧南市以外の方も予防接種可能です。
    市外の方は連絡票が必要です。
    接種前に保健センターにご連絡ください。

予防接種の種類と料金表

予防接種は14〜15時以外も別室で随時可能です。

項目名金額備考
アクトヒブ7,000円公費4回
二種混合5,000円公費1回
四種混合14,000円公費4回
BCG9,000円公費1回
おたふく5,500円自費2回
B型肝炎5,500円公費3回(2016年以前生まれの方は自費)
麻しん風しん9,500円公費2回
水痘8,000円公費2回
日本脳炎9,500円公費1期3回+2期=4回
インフルエンザ(1回目、2回目)3,000円13歳未満は2回
ロタテック9,000円自費3回
ロタリックス13,500円自費2回
肺炎球菌(プレベナー)9,500円公費4回
肺炎球菌(ニューモバックス)7,500円自費ときどき補助あり

シナジスの接種も行っております

シナジスを接種されている方で、当クリニックでの接種を希望される場合は、受付、お電話でお問い合わせください。
シナジスとは、RSウイルス感染症の重症化を防ぐ薬剤です。
詳細、接種の対象は以下をご確認ください。
対象は週数が早く生まれた赤ちゃん、生まれつき心臓に疾患がある赤ちゃんです。通常は大学病院や総合病院で行われる治療です。そのため注射だけのために毎月、遠く離れた総合病院まで足を延ばさないといけない赤ちゃんがほとんど、というのが現状です。当クリニックでは、ご家族の負担を減らすため、シナジス接種を行っています。NICU(新生児集中治療室)での勤務経験が長かったので、安心してお任せください。

RSウイルスとは

乳幼児に呼吸器感染症を引き起こす重要な原因ウイルスです。
大人が感染した場合は軽いかぜ症状のみでおさまりますが、予定日よりも早く生まれた赤ちゃん、生まれつき呼吸器や心臓に病気をもっている赤ちゃんなどが感染すると重症化することがあります。
1年を通じて感染がみられますが、特に秋から春頃に流行します。今のところ、RSウイルス感染症に有効な治療薬はありません。

シナジス注射とは

RSウイルス感染症が重症化し、肺炎や無呼吸発作のため入院治療が必要となることがあります。
このRSウイルス感染症の重症化を防ぐ目的で開発されたのがシナジスです。シナジスは通常の予防接種で行うワクチンではなく、RSウイルスに効果がある抗体成分を精製したもので効果は約1か月です。
流行期の8月から3月の間毎月投与する必要があります。他の予防接種との間隔を考慮する必要はなく、同時接種も可能です。

シナジス注射の適応

以下の方は重症化のリスクが高く保険適応でシナジスを接種できます。

  1. 早産児
    • 在胎期間28週以下で、12か月齢以下
    • 在胎期間29週~35週で、6か月齢以下
  2. 24か月齢以下の血行動態に異常のある先天性心疾患の児、免疫不全を伴う児、ダウン症候群の児