診療内容

当院の理念

  • んで働きます。人のために動けるのを感謝して。
  • めます。安心、安全な医療の提供に。
  • されるクリニックを目指します。地域に恩返しできるように。
  • しい子育てをサポートします。家族みんながほっとできるように。

当院の特徴

新生児の診療
予防接種
風邪
アレルギー

当院院長はNICU(赤ちゃんの集中治療室)にいたので、生まれたばかりの赤ちゃんから対応させて頂きます。
かぜをはじめ、食物アレルギー・アトピー性皮膚炎・ぜんそく等のアレルギー疾患、各種予防接種、乳児健診、発育相談、その他何でもかかりつけ医としてお気軽にご相談ください。
必要な場合は、大学病院での経験とコネクションを活かして、責任を持って各分野の専門家に相談し最新で最善の医療を提供させていただきます。

受診の際の注意事項

インフルエンザ、水ぼうそう、おたふくかぜ、溶連菌やRSウィルスなどが疑われる場合は受診前にお知らせください。

2019年1年間の検査・治療実績です。

スギ舌下免疫療法
(シダキュア)
54名
ダニ舌下免疫療法
(ミティキュア)
29名
栄養相談
(アレルギー、離乳食)
57名
食物経口負荷試験13名
呼気一酸化窒素測定
(喘息の検査)
18名
夜尿症(おねしょ)治療8名
眼のスクリーニング検査
(強度の遠視が1名見つかりました)
6名
成長ホルモン負荷試験1名
成長ホルモン治療1名

気になる検査・治療があれば、お問い合わせ下さい。

お子さまの身長でお悩みの方へ

低身長とは

同年齢のお子さんの統計的な標準値と比較して判断します
成長曲線の-2SD以下(背の小さい順に100人並べた時に前から2人くらい)が「低身長」という定義に当てはまります

原因

  1. 成長ホルモン分泌不全性低身長
  2. SGA性低身長(出生週数のわりに出生体重が小さい)
  3. ターナー症候群 など

低身長の診察の流れ

  • 現在の身長、体重を測定します
  • 出生時の状況、栄養状態や今までの病気などを確認します
    これまでの記録をもとに、成長曲線を作成します
    →母子手帳、今までの身長と体重の記録をお持ち下さい
     父、母、兄弟の身長もお伺いします

医師が必要と判断した場合は以下の検査を進めていきます

  • 血液検査(一般血液検査、甲状腺ホルモン検査)
  • 染色体検査(特殊な血液検査のため平日、午前中のみとなります)
  • 左手(手根骨)のレントゲンにより骨の年齢を評価します
  • 頭部MRI検査を行います
    (当院にMRIがないので総合病院に紹介状を書かせていただきます)
  • 2日にわけて成長ホルモン分泌刺激試験(成長ホルモン負荷試験)を行います

花粉症どうでした?

昨シーズンに比べ、花粉の飛散量がすくなかったこと、外出しないこと、マスクをしていたこと、等により楽な方が多かったようです。
当院では、アレルギー性鼻炎に対する舌下免疫療法を行っています。
スギとダニが可能です。
保険適用です。
開業後から開始しています。2シーズン続けられた方は、かなり春を楽に迎えられています。
(100%効果があるわけではありません)

5歳以上からできます。お子さんと一緒に親御さんも可能です。
兄弟、親子でやられているご家族の方が、続けられている印象です。「仲間と一緒」が継続のコツですね。
受験前に始めれば、成績もup?
始めるなら学校が休みの今のうちに。

舌下免疫療法について

https://www.torii-alg.jp/

自費料金表

診断書料2,000円
登校許可書料500円
登校許可書料(持参)0円
乳児健診5,000円
血液型検査2,000円
血液型検査(他の検査もする場合)500円