小児の新型コロナウイルス感染症

新型コロナウイルス感染症増えてきましたね。
これまでの日本のデータです。

・新型コロナウイルス感染症による重篤な肺炎:
0-14歳:0%、15-19歳:1.0%。

・致死率:10歳未満:0%、10代:0%、20代:0%。

日本の小児は肺炎にならず、亡くなっていません。
つまり、日本の子どもたちにとっては、
これまでの「かぜ」と同じです。

お子さんへの感染経路はほとんど家族内感染です。
インフルエンザのように園や学校での集団感染は多くありません。

小児については、以下の特徴があります。

  1. 感染しにくい
  2. 症状でにくい
  3. 重症化しにくい

お子さんの新型コロナウイルス感染症、 過剰な心配は不要です。

お子さんに感染させないためには、まず、大人が感染しない、させないことです。
45%が発症前の人から感染します。
つまり、症状が無くても、感染させることがあります。
感染させないためにも、マスクが重要となります。
布マスクでも飛沫を防ぐ効果はあります。

2歳未満のお子さんにマスクは不要、むしろ危険です。

以上より、当院では新型コロナウイルスの抗原検査は行いません。
検査は何のためにするのでしょうか?
安心のため?
メリットは?

当院で新型コロナウイルス抗原検査を行わない理由。

1. 抗原検査はPCRに比べて感度が低い
(陰性であっても、絶対大丈夫とは言えない)

2. 偽陽性がある
(本当は陰性なのに、陽性に出てしまう。体操選手のように)

3. 治療法がない

4. そもそも軽症なので、治療する必要もない

5. クラスターの原因になることは少ない

家族で検査して、大人は陰性なのに、お子さんだけ陽性となる事例が報告されています。
後日、PCRで陰性が確認され、偽陽性だったということになります。

その場合、PCRの結果を待つまでの間のお子さんの扱い、気持ちを想像すると、とても検査を行う気にはなりません。

小児では、新型コロナウイルス感染症よりも、虫垂炎(盲腸)、川崎病、白血病、髄膜炎など、他の重症な病気の診断が遅れる方が問題です。

また、小児科医として、お子さんを優先するため、
しばらくの間、大人の方の診察はお断りさせて頂きます。
内科を受診して下さい。
(定期処方の方を除く)

健診、ワクチンもオンラインではできません。

今後も安心して受診して頂けるよう、感染対策に努めていきます。

日本小児科学会から小児の新型コロナウイルス感染症についての情報が更新されました。

http://www.jpeds.or.jp/modules/activity/index.php?content_id=342